ジェニファーの元夫、ベン・アフレックはギャンブル中毒!?そんな彼におすすめのオンラインカジノ!

愛しき家族と平凡な生活を送っていた女性が家族を殺された復讐として選んだ道は、“最強の殺人マシーン”だった……。悲劇の復讐劇を繰り広げる映画『ライリー・ノース 復讐の女神』の主演として才能を見せたのがアメリカ合衆国の女優「ジェニファー・ガーナー」だ。アメリカの人気アクションドラマ『エイリアス』では主演を努め、スパイ役を好演する。世界的に人気のアメコミ映画『デアデビル』ではヒロイン役に抜擢され、主演のベン・アフレックと結婚をし3人の子供に恵まれたことでも有名だ。2014年のアカデミー賞のアフターパーティーでは仲睦まじい姿も見せた。

ジェニファーネットカジノ

しかし、ジェニファー・ガーナーはその翌年2015年6月にはベン・アフレックと破局を発表。2018年に離婚が成立した。離婚の原因はベン・アフレックによるアルコール依存症だといわれているが、ギャンブル癖もひとつの原因になっていたようだ。ベン・アフレックは、ラスベガスの「ハード・ロック・ホテル&カジノ」にてカード・カウンティングを行った疑いでカジノ側から措置をとられたことも業界では有名である。そんなベンにこそおすすめしたいのがチェリーカジノだ。

近年、自宅でカジノが楽しめるオンラインカジノが人気を集めている。そこで、ギャンブル依存症を防ぐチェリーカジノをおすすめしたい。なぜなら、チェリーカジノならアカウントのリミット制限もできるから依存症の人でも安心してプライができるからだ。

単なるアカウント制限ではない。

入金上限額、プレイ時間の制限、賭ける金額のリミット、損失額のリミットなど、細かく設定することが可能だ。しかも、適用期間は1日ごと、週ごと、月ごとと設定することができる。細かい設定だけでは心配な場合、アカウント自体を自主的に停止することが可能であるため、重度なギャンブル依存の人でも安心して利用できるだろう。

アカウントを停止した場合、停止期間中は一切ログインすることができなくなる。例えオンラインカジノであっても、カジノはギャンブルのひとつ。ギャンブルはあくまで娯楽である。勝つこともあれば負けることのあるギャンブルでは、許容範囲を超えたお金の使い方は危険だ。だからこそ、責任のあるプレイを心がけ、楽しみながらプレイしていくことが重要なのである。