映画「ライリー・ノース」公式サイト » INTRODUCTION

『96時間』で世界中にその名を知らしめたピエール・モレル監督の最新作。主人公は、凄腕の殺し屋 でも、スパイでも、刑事でもない、ひとりの心優しきママ、“ライリー・ノース”。家族を奪われ全てを失った彼女が、5年後、自ら最強の殺人マシーンとなり、悪党を一掃する!主演は、2000年代に『エレクトラ』ほか数多くのアクション作品に出演し、確固たる地位を確立したジェニファー・ガーナー。時を経て11年ぶりにアクションを解禁、 完全復活を遂げ、再びスクリーンに降臨!!

リュック・ベッソンと組んだパルクールアクション映画『アルティメット』(04)で鮮烈な監督デビューを果たし、その後、『96時間』(08)で一気にその名をとどろかせ、リーアム・ニーソンを筆頭に、ジョン・トラヴォルタ、ショーン・ペンら錚々たる名優をアクション俳優へと変貌させたピエール・モレル監督が、探していた作品。それは、女性が主人公のアクション映画。

“ある意味、『96 時間』の延長線上にある作品と言えますが、今回は主人公が女性、遂に、その時がきた!と思いました。設定やアイデアに無理がなく、物語に説得力があると思いました。根底に主人公の心の旅が描かれているのです。感情を突き動かす動機なくして、アクションは成り立たないと思っています”という言葉通り、ライリーの喪失と怒りが全編に映し出されつつ、過去の作品同様に特殊効果やデジタル処理をすることなくどこまでもリアリティにこだわった王道の骨太アクション映画が完成した!

2000年代、J・J・エイブラムスに見いだされ大ヒットアクションドラマ「エイリアス」シリーズで主演に抜擢、アベンジャーズの『エレクトラ』(05)でも主演を演じ、アクション女優として確固たる地位を確立したジェニファー・ガーナー。『キングダム/見えざる敵』(07)を最後に、アクションから遠ざかっていた彼女が、本作で11年ぶりにアクション映画に帰ってきた!ボクシング、クラヴ・マガ、ウェイトトレーニング、ダンス、さらには、ネイビーシールズとの訓練まで、死ぬほどトレーニングしたというJ・ガーナー。40代半ば、しかも3人の子持ちとは思えぬキレで、全身全霊でアクションに挑む。さらに、米誌「People」が選ぶ、2019年「最も美しい人」に選出!強く、そして、美しい、今最も注目の女優。